SSブログ

Xotic EP Boosterで遊ぼう! [音楽(機材関連)]

珍獣ハンターでお馴染みのイモトアヤコを見ていると、昔の篠原ともえを思い出す。lucaです。こんにちは。そういやあの人どこ行った?


というわけで、一通りEP Boosterをいじり倒してみたので、今日はそのレビューといこう。

まずこれが何かってのは散々述べたが、クリーンブースターだ。で、Xotic社のエフェクターは元となる名機があるという話もしたが、これはMaestro社のEcoplexというテープエコーの入力バッファ部分を再現した物。ここで「テープエコーってことはディレイのモデリングみたいなもん?」と思う勉強熱心な方もいるかもしれないが、あくまでもこれは「入力バッファ部分」をモデリングした物なので、ディレイ成分は一切かからん!

となると「じゃあなんでわざわざテープエコーの入力バッファなんかモデリングすんの?」という新たな疑問を持った賢明な生徒諸君もいると思うが、このEcoplexっていう機械は、その入力バッファ部分が上質なプリアンプとして作用する為、これが現役で活躍していた当時は名ギタリストたちがこぞって使用していたものだ。

当然、俺はその時代を生きていなく、使用ギタリストたちの演奏も未だそこまで聴いた事があるわけじゃn…、嘘ついた!まったくと言っていいほど聴いた事がないので、どんなもんなのかサッパリ知りません(笑)

テープエコーについては博士にお任せします!(結局丸投げというw)

じゃあテープエコーの問題は片付いたので、ここからEP Boosterの話に戻ります。写真を見てわかる通り、とても小さいです。ノブやスイッチが異常にでかいとかいう錯覚じゃなく、ほんとに小さい。比較になる物が近くにないからわかんないんだけど、多分タバコの箱を縦半分に切った物とほぼ同じ大きさと思っていいんじゃないかな。小さい割には筐体自体にしっかりとした重さがあり、ON/OFF切り替えの際に誤って蹴っ飛ばすなんて事がないようになっている。これで重いっきり人を殴ったらニュース番組で「鈍器のような物で殴られた跡があり」と報道されること請け合いの重さだ。

この小ささ故、今までこの筐体サイズでは実現不可能だと思われていたのが、内蔵バッテリーの使用。通常、エフェクターという物は外部電源のアダプターを使うか、エフェクターの中に電池を入れるスペースがあるのでそこに9V電池を入れるのだが、この小ささだとあの大きな9V電池が入るとはとても思えなかったのだが、見事に入っちゃいます!

こんな風に!あぁ、そうか。筐体サイズの比較をするなら、この電池が写ってる写真見れば一発だったんだな(笑)

でね、今日の本題はここからで、写真の右上の隅っこに赤いパーツが写ってるのわかる?さらにそこに白いスイッチが2個あるでしょ?これ俺も最初見た時は小さすぎてビックリしたんだけど、この2個のスイッチで音質補正ができます。

本体上にはノブが1個しかなく、これでブースト量をコントロールするだけなので、音質もいじるとなると、裏蓋を開けてこの中身を出さなきゃいけない。ネジ留めされてるのでちょっと面倒…。BOSS信者の俺としては、やはりバッテリーの収納部がワンタッチで開閉可能なのは素晴らしいと思う。って言っても俺、電池なんかまず使わないから全然関係ないんだけどね(笑)

さて、説明書を見ると、2個のスイッチはそれぞれ低域のブーストスイッチと、ブライトスイッチになっている事がわかるので、それらで4通りの音の組み合わせが得られるのだ。

じゃあ早速、その部分も含めて、サウンドサンプルを聴いてもらおう。毎度の事だが、演奏技術に関してつっこんではならない!

ちなみに今回は全てのトラックでCaparisonのDellingerを使用。それの使用PUと、GT-10のPREAMPの種類も個別に記していこうと思う。1個目の音がブースターOFFの状態で、その後にONにした物が流れるので、違いを聴き比べてみるといいよ。


1. BASS BOOST SWITCH - OFF
2. BRIGHT SWITCH - ON
ツマミ - 13時
PU - リア
PRE AMP - Marshall 1959 I + II

エコープレックスと言えばエディ・ヴァン・ヘイレンなので、最近覚えたばかりのPanamaのリフを。内部スイッチの状態はこれがデフォルトになっていて、BRIGHT SWITCHはONの状態がフラットになるようだ。

ブースト量はそこそこ高めにしてあるが、元々のゲインが高めの為、歪みの量に関してはそこまで顕著な違いは見られないが、高域のヌケがよくなっているのがわかるだろうか。

また、このサンプルのみさらにエディの音に近付ける為、ディレイやコーラスをかけて、より本物のエコープレックスを再現してみようと「VAN HALEN歴1ヶ月ちょい」という俺が恐れ多くも挑戦してみた。しかし発注が来る前にやっておくのがプロってもんだ(笑)



1. BASS BOOST SWITCH - ON
2. BRIGHT SWITCH - OFF
ツマミ - 0
PU - リア+センター
PRE AMP - VO Drive

これは上とは逆に低域をブーストさせるセッティング。VOXアンプのモデリングだが、これ自体が元々ダークな音色なので、そこからさらに低音が強調されているのがよくわかるだろう。

また、ツマミがゼロなので、まったくゲイン量を変えていないのがわかると思うが、それでもなおONにした状態でこれだけ音が変わるのは、EP Boosterが「ちょっと癖のある」と言われている理由のひとつだろう。



1. BASS BOOST SWITCH - OFF
2. BRIGHT SWITCH - OFF
ツマミ - 11時
PU - センター
PRE AMP - Marshall 1959 I

説明書によるとこれはヴィンテージテイストを意識したセッティング例のようで、BASS BOOST、BRIGHT共にOFFになっている。

スイッチの状態だけ見ると「ブースト時に少し高域を抑えるセッティング」にはなるのだが、PREAMPの設定や使用するPUによっては、ゲインだけブーストさせてるつもりでも、それなりに高音までブーストされるという事が、サウンドを聴くとわかるようにしてある。

個人的にはギターソロ時にゲインを稼ぐ目的でEP Boosterを使うのであれば、このセッティングが向いてるかなと思った。



1. BASS BOOST SWITCH - ON
2. BRIGHT SWITCH - ON
ツマミ - 9時
PU - フロント(コイルタップ)+センター
PRE AMP - T-AMP Crnch

最後は両方のスイッチをONにした状態なので、クリーンブースターというよりも、フルレンジブースターといった使い方になるだろうか。

元々の音はかなりゲインを下げているが、ブースト時にはツマミが9時の位置にも関わらず、一気にゲインがアップしているのがわかるだろう。



というわけで、スイッチの組み合わせで作れる4つの音色を個別に弾いてみたが、当初の個人的な狙いであった「常にかけっぱなしにして、音圧を稼ぐのと、音のハリツヤを増強させる」と言った使い方以上の事が、スイッチの組み合わせでできるなと思った。

なのでBASS BOOST - OFF / BRIGHT SWITCH - ONのフラットな状態にしておき、ブーストツマミはクリーントーンが歪まないギリギリの位置で固定しておくのが個人的にはベストかな。クリーンも使うギターやPUによって結構違うから、この点はまだまだ細かく実験が必要だ。

しかしこれだけクリーンだとベースにも使えるんじゃなかろうか。従来のAC Booster、RC Booster、BB Preampなんかは帯域の違いでベース用の物もラインナップされていたが、これは基本的にブースト量しか変化させない物なので、多分いけるんじゃないかな。これも近々試してみよう。

ちなみにこのEP Boosterは通常の9V電源以外にも、18Vまでには対応しているので、それによる音色変化も狙える。電圧が高ければそれなりの余裕ができるので、音の印象としてはより元気で肉付きのある物になるだろう。あいにく我が家には18Vのアダプターがないので、その比較はできないのだが、余ってるアダプターがなかったので、俺は10Vのアダプターを使用している。電圧が許容範囲内なら何を使ってもいいので、アダプターをたくさん持ってる人はその中での音の違いを楽しむ事もできるわけだな。その際、極性を絶対間違えないように!
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 5

ginchanx_5150

かゆいところを全て掻いてもらって、さらにかゆくならないようにお薬までつけてもらった感じで、、、ありがとうございました。
さすがプロ! 私が聴きたいツボを全て取り入れて頂きました(感謝)。

これ、ホントに良いですね。エコープレッックスのシミュ度がどうかなんて所詮一般市民には分からないのですが、この音を聴けば、"ああ、EP-3ってブラウンサウンドには必要不可欠なんだな" と簡単に分かるくらい、重要な音の要素を付加してくれるんですね~。

巻弦、ピッキングハーモニクス、スクラッチの全ての音にエディ風な色気が出るのが良く分かりました。ミッドも盛り上がるんですね~。

なんちゃってを目指す私には、これがあれば、すぐにでもエディ風になりそうな位で、、、値段も取っつき易いし、、私には最高のペダルですね。

もう、コレ通すと別パッチ、というかGT-10が別の何かになってますね!

GT-10単体の音作りが終わったら、これ絶対入手しますゾ!!!

つい、長くなってしまい、申し訳ありません、ありがとございました~。
by ginchanx_5150 (2010-01-23 17:03) 

吟遊詩人41

ネジがバカにならないように気をつけてください!
っていうか、中にこんなものがついてるなんて・・・説明書読まないワタシは気付かずに使い続けると思います^^;
by 吟遊詩人41 (2010-01-24 00:52) 

りょん

篠原ともえ、、、懐かしいですね。
そういえば、イモトアヤコさんのノリ、
ちょっと近いものがあるかも(笑)
by りょん (2010-01-24 18:08) 

ハードロック芸人

ともえさんの歌声が微妙に好きです。

そして、博士というもっともなネーミングセンスに脱帽しました。

さらに電池のGOLDENPOWERが何やら予想以上の電圧を弾き出しそうで愉快です(蹴)

シブいカッティング演奏にギタリストとしての幅の広さを感じました。
by ハードロック芸人 (2010-01-24 20:19) 

luca

ginchanx_5150さん>
そこまでわかってもらえてよかったです。
実は弾いてる俺も「これ、弾いてるからわかるけど、普通に聴いたら
わかんないんじゃないのか?」と心配になっていたので(笑)
これはもう歪みを足すというブースター的な使い方よりも
ある種、プリアンプ的に使うのがいいんじゃないかなと思いました。

吟遊詩人41さん>
それを懸念して、この手の機材のネジは問題がなければ
極力緩めに留めるようにしてます。
そのせいでギターが一本、裏蓋が閉められなくなったので(笑)

りょんさん>
あのノリと、いい感じの際もの振り、黙ってると意外に
美人なのかもしれないので大化けの可能性ありといったあたり
結構共通点が多いと思うんですよね。

ハードロック芸人さん>
そういえば歌出してましたね!
「ウルトラリラックス」とか。
あとユースケ・サンタマリアとユニット組んだりしてたかも?
GOLDEN POWERは俺も蓋を開けてまずつっこみました(笑)
by luca (2010-01-25 17:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

鍵盤…、的な物体年賀状 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。